染色体異常の原因・流産の確立は?

 

 

妊娠中のお母さんなら誰もが気になる染色体異常。
染色体の設計する図面のコピーが上手く行かなかった場合「遺伝子異常」と言いますが、「染色体異常」はその染色体の図面の枚数を間違え(数の異常、倍数体(ばいすうたい))と言われるものが壊れて、異常をきたしている事を言います。
設計しようとした図面の上に、遺伝子情報が記載されているので、図面が余ったり、れてしまったりすると、数えきれない数の遺伝子の異常が、一気に起こってくるのです。

 

 

 

 

 

染色体異常のある子供さんを抱える親御さんからは、「設計する図面が足りなければ異常が起きてしまうのは分かるけど、何故、余りがあってはだめなのか?」と言われた事がありあります。
染色体の図面に記載されているのは、体をつくるためだけの情報以外にも、余計な物をつくる事を抑える情報もあり、図面の情報は多くても少なくてもダメだと言う事です。

 

 

染色体異常と言えば、ダウン症がよくあげられますが、ダウン症のタイプの中でも転座(てんざ)型といわれるタイプも少なからずあります。この転座型の半分は、ご両親のどちらかが転座保因者である可能性が高く、その為遺伝して生まれてるのではないのかと言われています。

 

ただ、安い葉酸サプリにも副作用の危険があるのでしっかりと注意する必要があります。
 染色体異常の発生要因には、卵の過熟による染色体不分離説、遅延受精説、遺伝子異常説等の様々な諸説があり、一概にどれが原因かは分かっていません。

 

残念な事にお母さんの年齢が40歳を超えた場合、数十分の一の確率で、ダウン症の子を出産されているのが現実です。
高齢出産される方は昔に比べ増えていますが、そこまで極端に多い訳ではなく、ダウン症の赤ちゃんは、若いご両親から生まれることが殆どです。 
そして、染色体異常とは別に、重度の遺伝子異常が、突発的な変異でできますが、この障害をもつ受精卵の殆どが妊娠初期に流産してしまい、流産する確率は大変高いです。この数は受精卵の約7割もあるといわれています。
この初期の初期にあたる時期の流産は、受精する卵が、子宮にたどり着いて、着床するかしないか分からない時期にあるので、生理周期が少しおかしくなったりするだけで、産婦人の医師であっても、ご本人にも全くわかりません。
産婦人の先生がしっかりと診断できる初期の流産(妊娠3カ月位まで)については、検査した結果、約半分以上の場合に染色体異常が発見されます。

 

こうして、私たちには分からない所で、大多数の染色体異常については、出産される前までにお腹の中から出てしまい、流産してしまうのです。

 

最終的に生まれてくる赤ちゃんの中に、染色体異常を持つ赤ちゃんが生まれてくる確率はわずか1%位と少なくなります。
こればかりは自然のもので、私たちの力ではどうしようもありませんね。

 

やはりそんねリスクを背負うまえに葉酸サプリの摂取はしておいたほうが良いようですね。

 妊娠してからも注意したい事は?

妊娠してから注意したいことは外見の事ですが、妊娠線が出来てしまったという悩みが非常に多いです。
妊娠初期からちゃんと妊娠線のケアをすることで妊娠線は防ぐことができるので早めのケアが必要になってきます。
そのためにもケアは必須になります。妊婦さんに人気の商品はこの商品

 

 

妊娠してから太ってしまうことはよくある話です。赤ちゃんのことを考えても、やはり健康的にダイエットしたいものですよね。
健康的に痩せる事ができるおすすめのダイエット方法はこちら!
無理なく綺麗になりましょう。

 

また、ミドリムシナチュラルリッチなら、無理なく健康的に痩せることが出来ます!

 

 

身体にも肌にも無理はさせたくないと考えている方は多いと思います。
敏感肌の方が美白に挑戦することはできるのか、実際の”サエルトライアル体験”をチェックしてみてくださいね!