流産とは

流産とは

 

胎児が母体の外では生存することが出来ない時期に分娩することを流産と定義しています。つまり妊娠22週に至らないうちに分娩した場合の事をさします。この時期までにおこる自然流産は初期流産と言って、妊娠12週目までにおこります。
初期流産の場合では胎芽(胎児の前段階)が確認出来ない、もしくは確認はできたが生存していないという状態です。つまりこの状態から正常な妊娠の状態にする治療はないので、妊娠の継続は不可能になります。妊娠した人の中で流産をする確立は1割から2割にものぼります。つまり流産は珍しいことではないのです。ですから妊娠して新しい命が正常に発育していくのは、妊娠総数の8割から9割なのです。出血、腹痛などの目立った症状がなくても、超音波検査では胎芽が育っていない事を判定できます。しかし妊娠12週を過ぎてからの流産は稀で、上記で説明したものとは異なります。

 

流産の原因

 

受精卵の染色体の異常により、きちんと胎芽へ発育ができずに妊娠が続かないというケースは、自然流産の6割から7割を占めています。また母体の年齢が高くなればなるほど染色体異常が多くなります。健康な20代の女性では10〜20%、30代では20〜30%、40代では30%以上にこの染色体異常がみられます。他には 妊娠前後の卵巣ホルモン分泌の不良、不育症・習慣流産も原因としてあげられます。一般的に言われている「体を冷やしたから」「転んだから」「ぶつけたから」等は原因としてはほとんど考えられません。

 

流産の症状

 

多くの方は妊娠初期に出血するのが流産と考えてしまうようです。しかし痛みや出血といった症状がなくても、流産と診断されるケースもよくあります。またそれとは逆に少量の出血があっても、殆どの場合ではそのまま正常な妊娠を継続できています。もちろん流産すると少量の出血があるのは頻繁にあることです。特に出血が多くて下腹部の傷みを感じる場合では流産である場合が多いので注意する必要があります。

 

検査と診断

 

超音波による検査で初期流産を確認することができます。流産している場合では、子宮内に生存しているはずの胎芽を超音波で確認できません。 もし確実に妊娠7週目以降であるならば、超音波検査で心拍の確認が可能なのです。つまり妊娠7週目以降なのに超音波検査で心拍が確認できなければ、それは流産という事になります。妊娠3週目を過ぎれば胎嚢という状態は過ぎているはずですが、その時に心拍数の確認ができなければ流産と判断されます。つまり2?3週間かけて心拍が観察できるかどうかを判断するのです。つまり早い段階では心拍は観察できませんが、胎嚢という胎芽が入っている袋は必ず成長するので、もしその成長が見られない場合には流産ということになります。出血が多く胎嚢が子宮外へ排出された場合は進行流産と呼ばれ、超音波検査なしでも診断が可能です。しかし無症状であるのに超音波検査で流産と診断される場合は、稽留流産(けいりゅうりゅうざん)と呼ばれています。

 

治療について

 

もし稽留流産や進行流産と診断されたらどのような処置がされるのでしょうか?一般的には手術などで子宮内容を取り除きます。なぜなら不全流産と呼ばれる、子宮内に排出されなかったものが残っている場合があるからです。この処置を受けるとすれば1、2日の入院が普通でしょう。しかし初期の流産や、胎嚢が1?2cmと小さい段階では完全流産であり、特別に処置の必要ない場合もあります。

 

もし流産したら

 

出血がイコール流産とは限りません。少量の血がおりものなどに混ざっていたりする場合ではとりあえず様子を見て、次に検診へ行った時にドクターに相談しましょう。しかし生理と同程度の出血となれば即病院へ行く必要があります。この時点では残念ながら何の処置もできませんが、胎児の状況を知る事はできます。出血があった場合に安静にしていれば流産を食い止められるとは言いきれませんが、やはり激しい運動などはするべきではありません。もし流産となってしまっても、その後1、2カ月で生理も始まります。つまり3カ月後にはまた妊娠しても大丈夫な状態になります。再度妊娠した時に流産する確立が高くなる事はありません。