流産の予防になるビタミンE。妊娠初期の食事で摂取しましょう。

ビタミンEは「トコフェロール」という別名を持っています。これはギリシャ語「出産(tocos)の」と「授ける(pherein)」から発生した言葉です。このような名称を持つビタミンEは不妊症の治療や妊娠初期に流産予防を目的にサプリメントとして処方される場合があります。ではこのビタミンEには一体どのような効果があるのでしょうか?その作用を見て見ましょう。

 

血行を良くして流産予防

 

ビタミンEの作用の中には血行をよくするというものがあります。もし血行が良くなれば子宮にも十分に血が行き届くようになります。そうすれば血液中にある酸素もしっかりと赤ちゃんへ運ばれるのです。つまり赤ちゃんは酸素が十分にもらえて理想的な状態でいられます。またビタミンEは子宮内膜も良い状態にする効果もある栄養素です。ですからこのビタミンE をしっかりと食事で摂取して、血行を整え流産の予防を心掛けることをおすすめします。
さて女性に多いのが冷え性。しかし冷え性は妊娠の敵とも言えます。この冷え性を改善するためには、やはり血行をよくする事が不可欠です。冷え性が治れば出産も軽くなる傾向があるとされていますので、妊娠が判明したら積極的に血行を整える努力をしましょう。 
女性ホルモン分泌で流産を予防

 

ホルモン分泌を良くする作用を持つのがビタミンEです。十分に食事でビタミンEを摂取することで、女性ホルモンである黄体ホルモンも分泌が活発になります。この黄体ホルモンは子宮の内側を受胎しやすい環境に整え、発情ホルモンをコントロールする働きを持っています。つまりこの働きにより妊娠が安全に継続できるようになるのです。
以上のように妊娠初期段階でビタミンEを食事から十分に採ることで、流産を予防することにつながるのです。しかし妊娠に良いからとビタミンEを過剰に摂取すれば、血が固まりにくくなってしまうという弊害もあらわれます。1日の摂取基準量は8グラムとなっていますので、過剰に摂取しないように注意しましょう。またビタミンEは流産予防だけではなく、老化を防止する効果も?ある素晴らしい栄養素なので、いつまでも若々しくいたいと思う方にもお勧めです。

 

 

ビタミンEがギュっと詰まったキウイ

 

キウイフルーツはビタミンE が多量に含まれているとてもたのもしい食物です。またキウイにはビタミンEだけではなく、胎児の発育に良い影響を与える葉酸も豊富に含まれているのです。ですから妊娠初期には頻繁に食べたい食材のひとつとしてあげられます。またキウイにはビタミンCもたっぷり入っています。このビタミンCとビタミンEは相乗があり、同時に摂取するとその効果もよりアップします。
キウイ以外でビタミンE、葉酸、ビタミンCを多量に含んでいる食物には、モロヘイヤ、ホウレンソウなどがあげられます。やはり栄養素は食事として口から摂取することが最も効果あるので、毎日しっかりと料理して食べるようにしましょう。